教育研修助成金

企業を維持・成長させていく中で、社員教育は欠かせません。

特に未経験者や、ほとんど経験のない人を採用した場合、一から育て上げる必要があります。

なるべく早く社員をレベルアップさせるためにも、助成金を積極的に活用していきましょう。

教育訓練・研修時に支給される助成金は、大きく3つあります。以下をご参照ください。

助成金名 助成金概要 助成額
キャリアアップ助成金
(非正規労働者向け)
有期契約労働者等に ・一般職業訓練(Off-JT) 
又は
・有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JT+OJTを組み合わせた3~6か月の職業訓練)を行った場合に助成
Off-JT《1人当たり》
賃金助成:1h当たり
800(500円)

経費助成:上限30万円(20万円)
OJT《1人当たり》

実施助成:1h当たり

700(700円)
※カッコ内は大企業の場合
キャリア形成
促進助成金
労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、
職業訓練などを段階的かつ体系的に
実施する事業主に対して助成

「政策課題対応型訓練」
①成長分野等人材育成コース
健康、環境等の成長分野での人材育成のための訓練
②グローバル人材育成コース
海外関連業務に対する人材育成のための訓練 (海外の大学院、大学、教育訓練施設などで実施する訓練も含む)
③育休中・復職後等能力アップコース
育児休業中・復職後・再就職後の能力アップのための訓練
④若年人材育成コース
採用後5年以内かつ35歳未満の若年労働者への訓練
⑤熟練技能育成・承継コース
熟練技能者の指導力強化、技能承継のための訓練、認定職業訓練
⑥認定実習併用職業訓練コース
厚生労働大臣の認定を受けたOJT付き訓練
⑦自発的職業能力開発コース
労働者の自発的な能力開発に対する支援

「一般型訓練」 政策課題対応型訓練以外の訓練
「団体等実施型訓練」
事業主団体などが行う、若年労働者への訓練や熟練技能の育成・承継のための訓練
「政策課題対応型」

Off-JT《1人当たり》
賃金助成:1h当たり
800

経費助成:2分の1
OJT《1人当たり》
実施助成:1h当たり
600

「一般型訓練」

Off-JT《1人当たり》
賃金助成:1h当たり
400

経費助成:3分の1  

「団体等実施型訓練」

経費助成:2分の1

 労働移動支援助成金 最低限、下記対象労働者を①~③のいずれかにより受け入れる必要があります。
①再就職援助計画等の対象者を離職日から1年以内に正社員として雇い入れる。
②移籍により、移籍元事業主における離職日から6ヶ月以内に正社員として受け入れる。
③在籍出向により受け入れた上で、受け入れの日から6ヶ月以内に、移籍に切り替え、正社員として受け入れる。  
1年度1事業所あたり5,000万円を上限
Off-JT《1人当たり》

賃金助成:1h当たり800
(一人当たり1,200時間を上限)

経費助成:上限30万円 OJT《1人当たり》

賃金助成:1h当たり700円 (一人当たり680時間を上限

 

助成金の基礎コンテンツについてはこちら

  • 助成金とは
  • 社労士に依頼するメリット
  • 助成金申請の流れ
  • 助成金活用のポイント
  • 料金表
  • 事務所案内
  • 代表メッセージ
  • 受給事例集